NIPTはこんな不安をかかえる妊婦さんにおすすめ!検査費用や内容紹介

NIPTはこんな不安をかかえる妊婦さんにおすすめ!検査費用や内容紹介妊活・妊娠
この記事はこんな人におすすめ

・NIPTの検査内容や費用について知りたい方
・高齢出産のリスクが気になる方
・お腹の中の赤ちゃんは健康か不安な方

みなさまこんにちは。ぽん(@Diary_Pon)です。

妊娠中はなぜか精神的に不安定になることが多くなりました。

そんな時に知った言葉が『NIPT(新型出生前診断)』です。

ぽん
ぽん

NIPT検査?なんだそれ。

初めての出産が32歳ということもあり、出産のリスクが高くなっている私、NIPTについて興味があり調べてみました。

そこで本日はNIPTとは何か?

どんな不安をかかえる妊婦さんのためのものなのか?

検査の費用や内容についてまとめてみました。

ぽん
ぽん
 

妊娠中の不安を少しでも取り除くことができますように・・・。

※こちらの記事は、主に下記サイトを参考にしました。
厚生労働省/NIPT平石クリニック/八重洲セムクリニック/東京NIPTセンター

スポンサーリンク

NIPT(新型出生前診断)とは

NIPT(新型出生前診断)とは 検査費用や内容紹介

NIPT(新型出生前診断)とは、妊婦さんから採血して血液検査を行い、胎児のダウン症等の染色体異常を調べる検査です。

国内で2013年から導入され、一般的に以下のことから簡便で安全性が高いと利用者が増えています。

✅流産や感染症のリスクが少ない
→採血のみの検査のため。ちなみに羊水検査で1/300 、絨毛検査で 1/100 の流産の可能性があるといわれています。

✅検査精度が高い
→他の検査に比べて感度が高く、特に特異度は約99.9%を誇る

✅妊娠初期で検査ができる
→妊娠10週0日目から検査可能

※感度・・・検査で陽性かつ出産後も陽性
※特異度・・・検査で陰性かつ出産後も陰性

ぽん
ぽん

日本では浸透し始めたNIPTですが、アメリカでは通常の検査として受けることが主流のようです。

その他、希望をすれば性別判定を行うことも可能です。

NIPTを受ける理由。妊婦の不安について

NIPTを受ける理由。妊婦の不安について

NIPTを受ける理由は、産まれてくる子供の健康面に関して不安があり、安心を得たいというものが主のようです。

なぜ産まれてくる子供の健康面に不安になる?
✅高齢出産
✅初産
✅過去に流産・死産の経験
✅親族等に障害者(児)がいる

その他経済的状況、仕事と育児の両立への悩み、知人や産婦人科からの勧めから検査を受けた方もいます。

※参考 厚生労働省 NIPT 等の出生前検査に関する専門委員会報告書(Ⅴ妊婦が出生前検査を受検する理由等)

私自身も妊娠中はたくさんの悩みで精神的にとても不安定になりました。

その悩みは産まれてくる子供の健康面だけではありません。

仕事・家事・住む家の環境・出産への不安(痛み等)・・・

また、コロナウイルスが流行し緊急事態宣言が発動されながらの妊婦生活には、とても不安が続く毎日でした。

ぽん
ぽん

初めての妊婦健診は家族NG。1人で受診があたりまえ。

その中で1つでも不安を取り除くことは大切なことだと思いました。

産まれてくる胎児の健康面を少しでも知りたい、と考え検査を考えることは重要だと感じます。

NIPTの検査内容

NIPTの基本検査の内容は3大トリソミーと呼ばれる13,18,21トリソミー(染色体)検査です。

800人に1人発症し、寿命は50-60歳と言われています。

■身体的特徴・・・成長障害、筋肉の緊張低下等
■その他症状・・・心疾患・眼科的疾患等

ダウン症候群の予後は13.18トリソミーと異なり良好です。

多くの子供は特別支援学校等に通っています。

また、スポーツや芸術など様々な分野で活躍している人がいます。

6千~8千人に1人発症し、約50%は1ヶ月、90%は1年の寿命といわれています。

■身体的特徴・・・内反足等の手足の重なり、短い胸骨
■その他症状・・・成長と共に新たな合併症を引き起こす可能性あり。呼吸不全をおこしやすい

1万~2万人に1人発症し、約90%は1年以内の寿命と言われています。

■身体的特徴・・・口唇裂(こうしんれつ)や口蓋裂(こうがいれつ)、頭皮部分欠損、多指症
■その他症状・・・運動面、知的面の遅れ等

※口唇裂/口蓋裂・・・口の周りに生まれつき割れ目がある状態
※多指症・・・正常より指の数が多い状態

※これらはすべて合併するとは限りません。また、症状の重症度や発達予後、寿命には個人差があります

NIPT平石クリニック 新型出生前診断(NIPT)様のyoutubeより抜粋させて頂きました。

NIPTを受けようと検討されている方向けに、NIPT平石クリニックではセミナー動画をアップされています。

わかりやすい動画でしたので、ぜひ参考にしてみてください。

NIPTの費用

NIPTの検査費用は20万前後のところが多いようです。

国内では必ず受ける検査ではないため、保険や補助券を使うことができず、すべて実費になります。

費用は医療機関によって検査の他にカウンセリング代などがかかりますので、詳しくは各機関に問い合わせる必要があります。

※NIPTが受けられるクリニックはこちら

 認定施設と認定外施設について

NIPT検査機関には認定施設と認定外施設があります。

大きな違いは、認定外施設は年齢制限がなく、招待状が不要で陽性の場合の羊水検査の費用を負担してくれるところが多い、という点が挙げられます。

また、その他全染色体検査・微小欠失検査と追加で検査できるクリニックがあるのも特徴です。

これだけ聞くと、認定外施設の方が簡便でとても良いように感じますね。

しかし、認定外施設の中には妊婦さんの不安や悩みに寄り添う適切な遺伝カウンセリングが行われていない機関があるという報告もあったようです。

一方認定施設においても、同じように説明の内容が標準化されていない場合もあります。

出生前検査にかかる遺伝カウンセリングは、妊婦さん1人1人によってニーズが異なり難しさはありますが

自身の納得がいく機関をしっかり吟味した上で、受診されることが大切です。

※参考 厚生労働省 NIPT 等の出生前検査に関する専門委員会報告書(2NIPTの実施状況)

NIPT検査の注意点

NIPT検査はあくまで『非確定検査』であることが注意点です。

よってNIPT検査で陽性だった場合は、絨毛検査・羊水検査等の確定検査を実施する流れが一般的です。

NIPTはこんな不安をかかえる妊婦さんにおすすめ!非確定検査と確定検査
ぽん
ぽん

それなら最初から確定検査の羊水検査をしたほうが良いのでは?お金もかかるし大変だよね。

と、思う方もたくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、羊水検査は妊娠16週頃からしか受けることができず、1/300の流産率があります。

一方NIPT検査は妊娠10週から受験ができ、血液検査だけなので流産リスクがほぼありません。

このことから、NIPT検査を受けてから必要に応じて羊水検査を受けるという流れが、安心で需要も高くなってきたようです。

ぽん
ぽん

NIPT検査が始まって検査数が増える一方、羊水検査を受ける方は減少傾向にあるようです。

最後にNIPTを受けられるクリニックを複数社ご紹介していますが、

すべて陽性になった場合の羊水検査費用を負担してもらえるクリニックです。(無料)

ぽん
ぽん

金銭面の不安を少しでも軽減できますように・・・

NIPT実施クリニックのご紹介

NIPT実施クリニックと各おすすめポイントのご紹介です。

ご紹介するすべてのクリニックのおすすめポイント
✅年齢制限なし
✅NIPT検査が陽性後の羊水検査は無料

確定検査の羊水検査の費用を負担してもらえる機関は、金銭面も安心しますよね。

その他各クリニックの特徴をまとめました。

①NIPT平石クリニック

エリア:全国(北海道~沖縄)

全国エリアに展開されており、土日祝でも検査が可能なクリニックです。一度の来院で血液検査が可能で、検査結果は最短6日でわかります。

陽性だった場合受ける羊水検査の医療機関の指定がありませんので、羊水検査を受ける場合は希望の医療機関があるという方におすすめです。

日本マーケティングリサーチ機構が調査を行った『新型出生前診断サービスに対する顧客満足度調査』において、2020年1-7月期の顧客満足度97%を獲得。

認定遺伝カウンセラーが在籍していて検査前後、何度も無料で相談できるところが安心のポイントです。

②八重洲セムクリニック

エリア:東京・大阪

日本で初めて年齢制限のないNIPT、染色体検査及び微小欠検査を提供した医療機関です。

産婦人科の先生が担当で、陽性反応が出た際の羊水検査の実施も同じクリニックで完結できます。

羊水検査の病院を探す必要がありません。(もちろん費用負担もなし)

検査を担当する院長は、国際出生前診断学の会員。

また、産婦人科医師として多くの妊婦さんの悩みを解決し、妊娠から出産まで千件を超える実績を持っているクリニックです。

③東京NIPTセンター

エリア:東京

完全予約制で待ち時間がありません。個室での対応となるため、ゆったりと空間でリラックスして検査を受けることができます。

お一人様ごとに1時間も検査枠を取ってもらえて、しっかりと丁寧な説明を受け、質疑を行うことが可能です。

また、検査前でも後でもNIPTの検査経験のある女性小児科医のオンラインカウンセリングを受けることが可能です。

その他助産師マタニティ相談の提供も。

基本検査費用も相場より低いため、東京都近辺にお住まいの方はぜひチェックしてみてください。

まとめ NIPTは不安を取り除きたい妊婦さんにおすすめ

NIPTとは・・・
・妊娠初期で胎児の健康を調べることができる!
・低リスクの検査だが、よく考えて受けることが大切!

妊娠・出産の高齢化により、NIPT検査を受検する妊婦さんが増えてきているようです。

受けようか悩む中、知らない不安の方が大きいと感じて検査することを決めたという意見がありました。

賛否両論があったりするようですが、受けるか悩んでいるということは、胎児としっかり向き合っている証拠かと私は思います。

夫婦でしっかりと考えた上で、妊婦さんの不安を取り除くことができる結果になればいいなと思います。

それでは最後まで見て頂きありがとうございました。

参考になったよ!良かったよと思って頂けたら

左下のハートマークぜひ押してくださいませ😀

ハートの数を確認しながら頑張ってブログを書いていこうと思います(^_^)!!

 

【関連記事】妊活・妊娠のカテゴリはこちら

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

妊活・妊娠妊娠
スポンサーリンク
ぽん

❖30代主婦(♥第一子妊娠中♥)派遣で働いてたが産休間近で更新されず無職に
❖30代にしたいこと・経験したことを積み立てるためにブログを開設
❖発信記事:派遣の悩み/副業/メルカリの知恵袋/購入品
❖収入源:派遣/ブログ/メルカリ/つみたてNISA(投資信託)
❖趣味:ストレッチ・ヨガ・お酒(現在禁酒中)

ぽんをフォローする
積立日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました